G・パスカル・ザカリー「闘うプログラマー」

 読み終えた本について。


 日経BPから刊行された上下2巻のドキュメント。


 WindowsNTの開発記。


 開発責任者であるデイヴィッド・カトラーの伝記でもある。


 そういえば、デイヴィッド・カトラーと、マイクロソフトのOSと言えば、初代NTからVistaまでだっけ。とにかくここ最近の主要OS の開発に関与している、そういう人のマイクロソフトでの第一歩をこの上位下巻で堪能出来る。


 それよりも、この本のほぼ全てがデスマーチを描いているので、読みながらも胃が痛いのをシミュレーション出来るという。


 そして、開発に関わったのは250名ほどになるので、ひたすら紹介記事になる。それを積み重ねていって開発記を形作るのは新しい。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント