帚木蓬生「蝿の帝国 軍医たちの黙示録」

 読み終えた本について。


 帚木蓬生の、日本軍の軍医のエピソード集シリーズの第一弾。第二弾から先に読んでいたので、どのような話が詰まっているのか大体分かった。でも、良い意味で期待は裏切られた。第二弾は、結構戦場を悲惨にのたうち回るような話が多かったが、この第一弾は話の幅が広い。


 ただ、著者が基本的に冒険小説作家なので、登場人物が冒険をする話が多かった。


 つまり、この本は軍医たちが未来に向かって冒険する作品集という事になる。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント