小松左京「復活の日」

 読み終えた本について。


 小松左京のSF長編。


 コロナ禍の現在よく読まれているそうだ。


 未知の感染症で地球上の殆どの人間が死んでしまう話だけど、最後は題名のように復活の兆しが見えて終わるので、明るい未来に向かう設定が好かれてよく読まれているのだろうね。


 とにかく、そういう話。


 ただ、この話から分かる事は人は道のモノの前に無力であるけど「なんとかなる」という事だ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント