麻見和史「凪の残響 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。


 小説。


 「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第十一弾。


 今回はいつもと趣向が違う。


 と言うのが、いつもは犯人に好きなようにやられっぱなしなのだが、今回はしっかりと未然に防ぐ事が出来ていて、いつもいつも好きなように犯人にされてばっかりだといけないだろうと引っ掛かっていったところなので、これはこれでチームの成長をみた。


 しかし、最大の見せ場はそこではない。


 ラブコメ的三角関係が最高潮に達しているところだ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント