麻見和史「女神の骨格 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。  「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第六弾。  シリーズ物はパターン化するのが常道だが、この作品は変化球で少しずつ変えてきている。  ただ、別の視点でパターン化した部分もあるが・・・・・・。  ただ今回は新本格派だ。  読者への挑戦付きだし・・・・・・。 広島ブログ

続きを読む