麻見和史「聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。  今回は「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第五弾。  手が込んでいるし、犯人の動機も頷けるのだけど、ただ、「そう上手くいくか」という方法だった。  ただ、リアルなところとそうで無いところのバランスがこの作者の真骨頂だとこの巻で感じた。  そして、タイトルが脇と言うのも新鮮。 広島ブログ

続きを読む