麻見和史「虚空の糸 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。


 警視庁捜査一課十一係シリーズの第四弾。ここから、シリーズの在り方が変わる。


 今までは比較的早くに犯人が分かって、警察との対決が一つの軸だったが、ここからはギリギリまで犯人を分からないようにするスタイルに変化した。


 特に今回は主人公達もミスリードがあったりと、みんなで作者の張った周到な糸に絡まれてみるのが一興のような話だ。


広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント