中田元子「乳母の文化史 一九世紀イギリス社会に関する一考察」

 今日も読み終えた本について。


 今日は乳母の歴史について。


 題名の通り、乳母の歴史といっても中心に位置するのは19世紀のイギリスの乳母事情。当時の育児書や新聞の乳母募集の広告や当時の小説を紐解き、その状況を解き明かす。


 最後に付録的に日本明治時代(つまり同じ頃)の乳母事情も明かす。


 乳母の使用に関する話なので、それは取りも直さず、授乳に対する意識の変化の歴史でもあった。


 後は、乳母を雇うことによって乳母の実の子に対する問題がどうしても生じるので、その倫理的な問題とか、当時の人工哺育の問題点とか、乳母を中心の、とにかく、乳に関する全般的な話がしっかり論じられていたと感じた。


 なかなかの労作だと思う。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント