Amazonプライム・ビデオにて「ロボコン」を観て、テレビにて「タッチ」

 観た映画について。



 「タッチ」は昔テレビで放送していたのを録画していたモノを、「ロボコン」はAmazonプライム・ビデオにあったのを観た。


 一度に書く理由はどちらも主人公が長澤まさみだから。


 「ロボコン」は初主演映画だし、「タッチ」は長澤まさみのかわいさが結果として前面に出た映画だった。


 という事で、若き日の長澤まさみの映画で観るべきものと勝手に思って観た。


 「ロボコン」は高専の大会に向かう高専生の話。クラブの仲間である脇役が今の視点からだと非常に豪華。伊藤淳史、塚本高史、小栗旬だからだ。で、クラブの顧問に鈴木一真だから、更に豪華。まぁ、17年前の映画だから出来たことだよね。内容は割と王道の青春ムービー。当時の若い子たちの演技はご愛敬だ。


 「タッチ」は、長澤まさみと双子を斉藤兄弟が演じているが、内容的には監督のやりたいことは痛いほど伝わるが、長編漫画が原作だし、その全てを2時間弱の映画にするので無理な話なのだ。という事で、これは、ひたすらに仕上がりの良い長澤まさみを堪能する映画。正しい見方ではないと思うけど、これも一つの手だ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント