ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ 「ライヴ!」

 今日も聴いたCDについて。  今日はボブ・マーリーの1975年の傑作ライヴ盤。  1曲目の「トレンチタウン・ロック」から最終曲の「ゲット・アップ、スタンド・アップ」まで捨て曲無しの勢いのある演奏を堪能出来る。  このアルバムはとにかくパンチがよく効いているのでロックファンの私にも聴きやすい。それが全て。多分、純粋なレゲエとしては違うのだろう。欧米でロックのアルバム…

続きを読む