ケイト・ブッシュ「天使と小悪魔」、V.A.「カンタベリード・サウンズVol.1」

 今日は聴いたCDについて。


 先週書く予定だったものを含めて2点書いてみる。


 まずはケイト・ブッシュの「天使と小悪魔」。日本では「嵐が丘」でお馴染み。あのコケティッシュなイメージのみで聴くともしかしたら「違う・・・・・・」となるかも。もっと、何というか、プログレしている。そこが良い。


 次いでは、カンタベリー系のマニアックなアンソロジー。しかも初期の。ソフト・マシーンは入ってないけど、キャラヴァンは入っている。この辺りは、ブライアン・ホッパー編集のアンソロジーだ。因みに、今は4枚組で売っている。その内の1枚目。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント