ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ 「ライヴ!」

 今日も聴いたCDについて。


 今日はボブ・マーリーの1975年の傑作ライヴ盤。


 1曲目の「トレンチタウン・ロック」から最終曲の「ゲット・アップ、スタンド・アップ」まで捨て曲無しの勢いのある演奏を堪能出来る。


 このアルバムはとにかくパンチがよく効いているのでロックファンの私にも聴きやすい。それが全て。多分、純粋なレゲエとしては違うのだろう。欧米でロックのアルバム、と並べて遜色なく聞こえるように売れるようにとの作為の基で作られたおとなのだろうけど、それが、このグループのこの時期にピッタリフィットしていたという事だろうと思う。


 だって、似合わない服着せたって効果がないわけで、とにかく、ボブ・マーリーにはロックの上辺が非常によく似合ったという事だと思う。


 元の演奏も勿論、制作側の戦略も正しく、そして大成功しているアルバムといえるだろう。

 
広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント