横山秀夫「クライマーズ・ハイ」

 今日は読み終えた本について。


 ミステリー作家横山秀夫の長編第一作。だけど、非ミステリー。そこが面白い。


 この話は題材になっているのが、1985年に起きた日航機墜落事故。その取材をする新聞社の人間が主人公で取材自体がストーリーとなっている。ただそう入っても多少の謎が含まれているのが著者の面目躍如といった所か。


 著者自体が元新聞記者で、この事故の取材にも参加しているので、その時の空気というものは、よく似せてあるを通り越して本物だ。


 なので、フィクションではあるが、ある意味一種の体験記であり、新聞記者の立場で書かれたルポタージュとも録ることが出来る。


 架空の新聞社の架空の人間の話だが、その臨場感は本物で、未曾有ので季語都に接したときに取材活動がどのようになされるかという事をデフォルメして読み手に伝えてくれる良書だと思う。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント