東川篤哉「伊勢佐木町探偵ブルース」

 今日も読み終えた小説について。


 今回は東川篤哉の最近作。


 横浜を舞台にした義兄弟の探偵と刑事のバディ物。


 こう書いただけで?がいっぱいだけど、金太郎飴が魅力の著者の作品だけど、今回は微妙に違う。4話収録の連作短編なんだけど、同じ構成の話が並んでいない。ある意味特殊な作品。


 ある意味、著者が「謎解きはディナーのあとで」辺りで確立した黄金パターンを今回は崩している、野心的冒険的作品。


 これ、多分続くと思うので今後に期待。コメディ要素は薄いのだけど重くもなりすぎていないバランスの良い作品だからだ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント