誉田哲也「増山超能力師事務所」

 今日は読み終えた本について。


 誉田哲也のユーモアミステリシリーズの第一弾。


 連作短編だが、この本はレギュラーメンバーの紹介を一人一話で行っているスタイルだ。


 数年前に深夜ドラマになっているのだけど、それよりもミステリー要素が薄いのが気になった。ドラマはちゃんとミステリーになっている。でも、こっちはちょっと人情ものの入ったコメディドラマ仕立てなっている。


 逆じゃぁないのかと・・・・・。


 そんな面白い小説。


 ミステリー作家の書いた群像劇だ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント