ファミリー「ア・ソング・フォー・ミー」

 今日も聴いたCDについて。


 今日はファミリーの3rdアルバム。


 リック・グレッチがブラインド・フェイスを結成したために、メンバーチェンジして録音された作品。それにサックスも変わったし、という事で、メンバーチェンジによる演奏面での変化が大きいが、フロントマンが変わってないので、意外と連綿と続く音だ。


 1970年初頭の通り、泥臭いサウンドになっている。良い意味で「あの時代」の音だ。


 洗練度というか、軽さは後退しているが、1stと2ndの音にあった混沌とした雰囲気をよくかき回して一つの方向に上手い具合に固まらせた音。それがこのアルバムに思う。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント