門脇禎二「出雲の古代史」

 今日も読み終えた本について。


 久々の写真集以外。


 しかも歴史の一般書。


 古代史の大家である門脇禎二の本。この人の本は何度か読んだことが有るが直感の鋭い人という印象だった。この本も同じ。当然この本に書いてある論はちゃんとそれなりの裏打ちされた証拠があっての事だが、一次資料を基にした魅力的な論の組み立てを行っているという事だ。


 まぁ、考古学を補足材料として文献を駆使して持論を組み立てるので、それは魅力的な論になるという事だ。


 という事で、この本には古代の出雲の地が目の前に広がっていってる。


 そういう本。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント