フル・ムーン「フル・ムーン」

 今日は聴いたCDについて。


 フル・ムーンの1972年の1stアルバム。


 ニール・ラーセンとバジー・フェイトンのバンド、フル・ムーン。


 そういえば、ラーセン=フェイトン・バンド名義の「フル・ムーン」なら聴いていたのだけど、こちらは遡ること10年弱なので、やはり、隙間の多い良い意味で1970年代初め頃の音だ。


 これが良い。逆に良い。


 ファンキーなニューソウルが基礎になっている。そしてポップだ。なんか第二期のようなAOR寄りではない。色々が渾然一体としているが、それぞれが混ざらずに居るところが凄い。メンバーの懐の深さを感じた。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント