早川 いくを「へんないきもの」

 今日も読み終えた本について。


 今日は15年くらい前のベストセラー。現在まで同じ著者の同系統の本が出続けているし、類似本も多数出ている。


 簡単に言うと、生き物紹介の本。


 「へんな」というのが切り口。


 ただ、「へんな」の意味合い毎に分けたりしていない。著者が紹介したいモノを著者にしか分からない順番で紹介していく。


 そういう本。


 結局、著者の紹介文の書き振りの問題なのだと思う。


 書き振りの勝利。何回でも読める。老若男女どれでもいける。ただ下ネタ多めなので注意だが。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント