ザ・スミス「ザ・スミス」

 聴いたCDについて。


 今回はスミスの1st。


 スミスは正直な話「ハンド・イン・グローヴ」しか知らなかったので、ここで、その曲を含む1stを手に入れることが出来たのは大きい。


 どれも、雰囲気たっぷりで良いんだけど、どこか80年代の他の音と違う気がする。むしろ60年代の音に近い。60年代程明快にポップしている訳では無いのだけれども、どこか曖昧さを伴う60年代といった思う向きだった。


 クセになる。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント