Newtonライト『虚数のきほん』 (ニュートンムック)

 今日も読んだ本について。


 今日はムック。科学雑誌Newtonのムック。数学好きとしては何冊か買ったし、今後も買っていこうかと思っている。


 で、虚数についての本。


 奥深い虚数の世界を60ページ余りでどう表現するのか楽しみに読んだ。


 結局、しっかりとした基礎と虚数を使って表現可能な物理現象まで割と盛りだくさんの内容となっていた。


 虚数の誕生を、表現できない数があることに気付いた時とし、複素数まで紹介して、それらによって全ての数が表現できるようになったという筋にしている。で、そこから様々な物理現象等が表現できるようになったと纏めている。


 そんな訳でコンパクトに上手く纏めたお徳用のムックだと感じた。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント