Amazonプライム・ビデオにて「めしばな刑事タチバナ」を観た

 ここ何日間で観た。


 最近流行の「食べる」系ドラマのブームの最初の頃の作品。


 これ、駄菓子類やインスタント食品、チェー店の話ばかりなので、非常に分かりやすい話だった。


 主人公が佐藤二朗で彼のキャラをしっかり活かしたコメディタッチのつくりになっていた。


 刑事物なのに、取り調べがいつの間にか食べ物の話に、しかも、他の署員も巻き込んでという話だ。これで12話押し切った。因みに、原作は漫画で、現在は35巻単行本が出ている息の長い話のようだ。


 概ね好感を持って観ていたが、ただ一つ不満に思ったのはサッポロ一番の袋麺の話だ。


 これを全国区の定番袋麺商品と位置付けるのは問題ないが、その全国区の定番ラインナップを「しょうゆ」「みそ」「塩」としていたが、それはあくまでも東日本ローカルで、西日本では「ごま」「みそ」「塩」だ。今は東日本も「ごま」は手には入れやすいという話も聞くが、西日本では「しょうゆ」は今でも余り見ない。細かいところまでももの凄い拘って制作されていたので、その部分に画竜点睛を欠く思いを感じた。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント