ジャミロクワイ「スペース・カウボーイの逆襲」

 ジャミロクワイの昨秋からこっちに買ったCDについて3回に分けて書くシリーズの2回目。


 今回は2nd。


 自分にとってリアルタイムのアルバム。


 多分一番印象に残っている。


 さて四半世紀を経て腰を落ち着けて聴いてみると、ジャズといえば、そうだけど、違うといわれてもそうと感じた。1stはジャズなんだろうけど、バンドの意図は分からないけれども、ポップミュージックとして成熟したように感じた。


 という事で、これはポップとジャズとファンクが隣り合っていることを証明したアルバムだと思った。

広島ブログ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック