日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤亜紀「天使」「雲雀」

<<   作成日時 : 2019/02/05 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 読み終えた本について。



 佐藤亜紀は日本ファンタジーノベル大賞受賞作の「バルタザールの遍歴」が何か前世に因縁でもあったのかと勘ぐるくらい好きで、兎に角、その他の小説に興味はあったが手を出せずにいた。


 しかし、「バルタザールの遍歴」との邂逅以来四半世紀を超えていよいよ他も読んでみたくなった。で、今回ブックオフで安く売っていた「天使」と「雲雀」の二部作を手に入れて読んでみた訳だ。


 これ、メインは長編の「天使」。これが起承転結がしっかりした小説・・・・・・、つまり、ラスが終わっても続きがありそうな小説だったので、補完する形の連作短編として「j雲雀」が存在する。


 異能の才を持つ少年が主人公で、内容的にはその「異能の才」の種類が違うだけでなんかトーンが「バルタザールの遍歴」と似通っているのが読みやすかった。ただ、「バルタザールの遍歴」ほど退廃していないのだけれどもね。


 そう、少年ジャンプ的な世界でもあるのだよ。淡々とした文章で綴る少年ジャンプ的世界というのが一番しっくりくるかな?

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐藤亜紀「天使」「雲雀」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる