日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 島田荘司「星籠の海」

<<   作成日時 : 2019/01/30 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も読み終えた本について。


 今日は島田荘司の小説。


 映画の原作。観に行った映画だけど、原作は読んでいなかった。


 映画の公開から2年半。やっと原作を読んだ。


 そうしたら案の定というか、結構異なっていた。


 時代考証は甘々だし、その「せい」で設定が無茶苦茶だけど、その分、人間ドラマとして重厚になっている。推理小説としてはオーソドックスではあるが、複数の推理小説を書けるだけにネタを重層にして深みを出している。


 ただ、最後の最後で映画で言うところのラストシーンに当たる部分が駆け足で終わってしまったのが残念だった。そこまで非常に丁寧に描いていたのに・・・・・・。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島田荘司「星籠の海」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる