日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 東野圭吾「聖女の救済」

<<   作成日時 : 2018/12/06 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も読み終えた本について。


 今は、まだ読んでない東野圭吾のガリレオシリーズを順次読んで行っている。最新作を買ったばかりで読みたいので、どんどん読んでいっているという事だ。


 この作品は2作目の長編で、ミステリーとしては凝った部類に入るのだけれども主人公のキャラ設定の能力が100%発揮されたモノではないのがなんともいえない。というのがまだ、第一長編の「容疑者Xの献身」は、ちゃんと能力を発揮できる内容としていたし、第三長編の主人公然とした役回りとか、色々あったのに、ここでは、ちゃんと主人公では当たったのだけど、どこか釈然としない読後感だった。


 という事で、ちょっと、そういった変則的な感じが楽しい作品だ。


 でも、タイトルを含めて、かなり、ラストに向かって綺麗に物語が収束して行ってるのが、さすがのストーリーテイラー感だった。


 という事で、ガリレオシリーズの長編はどれ一つとして同じカタチはないのだけど、その中でもこの作品は一番ラストに向けての収束が綺麗な作品に感じた。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東野圭吾「聖女の救済」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる