日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐々淳行「連合赤軍「あさま山荘」事件」

<<   作成日時 : 2018/11/09 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も読み終えた本について。


 今日は、先日亡くなったばかりの佐々淳行の名著。「あさま山荘」での連合赤軍の立て籠もりを態勢の側から描いたルポタージュ。


 当時の実質上の現場での警備責任者だった著者の書いた、まぁ、事件周りの色々。


 回想として、彼のそれまでの警備の実績も書かれているので、内容としては盛りだくさん。


 そして、彼がこの警備に良い意味で自信を持っている表れだと思うけど、しっかりとした自慢話になっている。これは凄い事だと思う。だって、自慢話を本として出版できる人が世の中どれだけいる事か。そういう意味では、この自慢は正当の事だと思う。


 永遠云え、部下を死なせたりしているので、著者は、決して成功だったと思ってはいないようだ。というか、多分、死ぬまでずっとこのことは引き摺っていたと思うな。


 そういえば、15年くらい前に映画化されたのだけど、テレビ放送された時に観ていた。なので、この本のあらすじはほぼ分かっていた。でも、ホント映画は違う。そういう意味では楽しめた。


 そういえば、現在Amazonプライムビデオで映画を観る事が出来るので、観てみよう。


広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐々淳行「連合赤軍「あさま山荘」事件」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる