日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 司馬遼太郎「項羽と劉邦」

<<   作成日時 : 2018/10/22 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は読んだ本について。


 全3巻1月弱か買って読んだ。


 これが、ものがたりを追うだけで済まなくて、色々作者がしっかり者語り以外にも背景や歴史から政治で、さらには現代に与えた教訓等、このものがたりに関わるありとあらゆる蘊蓄を詰め込んでいるため、かなり読み進めるのに時間が掛かった。


 しかし、その量は前半に多く段々と少なくなっていったので、上中下と読むスピードは加速度的にアップした。


 これ、項羽と劉邦の2人の物語なのだけど、真の主人公は項羽だろうね。一応書きぶりは、劉邦を主人公として書いているようではあるけれども、項羽の最後で物語が終了しているのでそうなんだろう。


 物語の主人公の定義は「その主人公の人生の始まりで始まって終わりで終わる」という事だろうからね。


広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
司馬遼太郎「項羽と劉邦」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる