松本清張「小説 帝銀事件」

 読んだ本について。


 松本清張の昭和34年に発表された、今でいうノンフィクションノベル。


 こちらも詳しい感想は読書メーターに書いているので、違った切り口から。


 この本で感じるのは、っていした調査と、ルポの手法を小説に取り入れた新機軸だ。


 小説故に可能な、主人公への肩入れと、一点に視点を絞っての書き方。


 そういう意味で読み応えのある非常に冴えた推理小説だった。


 という事で、最後に読書メーターへのリンクを。感想の署名は「ばりぐあち」だ。

広島ブログ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック