ミュンシュ指揮シカゴ響演奏「ステレオ・ライヴ集」

 買って聴いたCDについて。


 今日は、メモリーズの3枚組ライヴ集。


 ミュンシュのステレオライヴだ。


 メインは、フランクの交響曲、ベルリオーズの幻想交響曲、ドビュッシーの海。


 これに、ドイツ物(モーツァルトやシューマン)がついてくる。


 フランス物は「流石」の一言。文句の付けようは全く無い。


 ここでは、モーツァルトの2台のピアノのための協奏曲が思ったよりそっけない演奏で、その程度がかなり良かったということを書いておこう。


 しかし、彼のフランス物は非常に安心して聴けるというのがなんとも・・・・・・。

広島ブログ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック