テレビにて「明烏」を観た

 録り貯めしているドラマや映画等をどんどん観ていっていて、今度は昨年の春に録っておいて、すっかり放置していた「明烏」だ。


 監督が福田雄一ということで「これは観ねば!」と録っておいた。


 そもそも、2015年の公開なんだけど、主演が菅田将暉だった時点で観に行ったと思うのだけれども、実際は観に行ってない。公開していたということを知らなかったのだ。



 なんと残念な、というのが今回観ての一番の印象だ。この映画は映画館でお金を払ってみたかった。


 元々は福田雄一が書いた舞台作品で、それ画ゆえに場面展開が少ないのだけど、巧みな演出と役者の魅力的な演技によって、コメディ映画としてしっかりと成立している。


 ムロツヨシや佐藤二郎はいつも通りの安定感だった。そして、なんといっても舞台作品の映画かだからだろうか、城田優が非常に映えていた。


 あとは菅田将暉と吉岡里帆の夫婦漫才的な掛け合いも力業で合意だったけど、映画の雰囲気にあっていて良かった。


 これって、「芝浜」の翻案だそうで、道理で落語的な話だと思っていた。


広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック