篠山紀信「激写 篠山紀信全撮影 135人の女ともだち」

 正月に買った中古本で読んだ本について。


 まずは、写真集から。


 私にしては購入する事自体が珍しい、篠山紀信のオムニバス写真集。


 「激写」なのでGOROのグラビアだ。


 1979年のベストセラーで、この本が売れた事によって確かこの後に次々と「激~」という造語が作られ使われるようになったと記憶してれいる。


 まぁ、そんな本がたまたまブックオフで売っていた。1400円の値は適正価格かどうかは分からない。ただ、ヤフオク眺めていたら、ほぼ平均的な価格なので、問題ないと思う。


 で、中身だけど、まぁ、1975年から1979年までの様々な芸能人のグラビアが数ページずつ入っていた。135人と銘打っているが実は大半の被写体は顔写真のみで紹介記事があるだけの状態。これを道標化するか拝見が別れるだろうが、有名なグラビアはほぼ網羅してあると思うので、個人的には問題ない。


 トップは「激写」という言葉が生まれた山口百恵。そこから、水沢アキ、原田美枝子と続く・・・・・・。で、トリではないが最後の方には麻田奈美も控えている。


 兎に角、1冊で総論ではお腹いっぱいになれる各論では消化不良の、典型的なオムニバス写真集といえる。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック