広島東洋カープに中村奨成

 いつもならどれだけ話題になってもドラフトの事は書かないのだけど、今回だけは書かずにおられない。


 というのが、広島カープは30余年の時を経て地元高校生を獲得した。


 今年の甲子園でもっとも注目された地元で純粋培養された打てるかもしれない捕手。


 地元から出た甲子園の星。


 そこにしっかりチャレンジして獲得してくれた。


 この夏以来、明るい話題の少なかったカープにとっては久々の明るい話題だった。これだけでも嬉しい。


 捕手は、打てる捕手としてルーキーの坂倉がしっかり台頭してきてくれたので「補強ポイントと違う」という意見もあったが、個人的には捕手は何人いても良いし、今は昔と違って一人の正捕手と控えというスタイルではなく、二人とか三人とかを正捕手にして状況やピッチャーとの愛称で色々組み合わせていくので、中村獲得で広島もそちらの方に舵を切る姿勢を見せてほしかった。坂倉だけでなく、船越も順調に育ってきているし、磯村は一軍での三席目を今年手に入れた。そんな状況なので、捕手は足りないと思っていた。


 そのせいで、目ぼしい即戦力左腕投手は悉く別球団へいってしまったが、これから中村には頑張って「そこら」の不安をはね除ける存在となって欲しい。


 まぁ、高卒キャッチャーなので、先ずは木のバットの使い方を学ぶところからなか?


 まぁ、ファンとして楽しみができた。これがドラフトでの「良い効果」の一つだろう。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック