洋服のはるやまにてスーツを2着買った話

 先日も書いたが、2着修復不能ということでダメとしたスーツ。


 今日その替わりを買いに行った。


 別にこだわりがある訳ではないが、ここ15年くらいずっと「洋服のはるやま」でスーツを買っているので、今回も自然に足が向いたという事だ。


 ぢつは、調べてみたら5年振りのスーツ購入のようだ。


 今日買った理由は、裾上げ等を頼んでも年内に仕上がる可能性があるからだ。


 で、驚いたのはこの5年の間にスーツのサイズに対する大体の感覚が変わっていること。スーツというと肩幅が大きめの作りなんだけど、昨今は肩幅がジャストフィットするような格好になっているようだ。なので、全体的にサイズ以上に細身に見えるし、シルエットも体の線に寄り添っている。


 そんななので、いつも買っていたサイズよりも一つ太めのサイズでちょうど良いくらいだ。これは店の人も言っていたのだけど、殆どの人が一つサイズが太くなっているらしい。


 で、そんな中で2着買った。で、こういう店でよくやっている下取りセールについては、今回買ったスーツの値札に付いている割引の方が率が良かったので、下取りはして貰ったけど、ポイントカードのポイントとしたくらいにしておいた。


 後、胸ポケットに入れているボールペンで汚してしまったYシャツの替わりをついでに買おうと思って3枚程買った。さらに、スーツをを買ったら500円でセーターが買えるということで1枚買った。このセーターについては、「セーターもいかがですか!」ってセールスに乗っかった形なので「美味しい客」を演じた形になっている。でも良いよね。ちょうど欲しかったし、利害が一致した訳だから。

画像

 という事で、来年から早速冬用のスーツは元の6着ローテーションに戻る。後は春秋用の間物のスーツに何着かダメなのがあるのでそれを時期になたったら買い換えるかなと思っている。


 ところで、はるやまってスーツにしてもYシャツにしても、盛んに宣伝しているノで知ってはいたけど、「ストレス対策」を本気で打ち出しているようだね。


 なので、体にフィットするシルエットのスーツでも非常にゆったり着ることが出来る。なので、サイズは無理せずピッタリあったモノを選ぶようにすれば服に締め付けられてストレスが溜まることがないように作ってあるようだ。


 個人的には、一日中着っぱなしで仕事をするのでこういう対策のとられたスーツやYシャツは有り難い。


 多分、ここ10年くらいだろうか、ゆったりしたスーツではなく体にピッタリしたスーツが好まれる傾向を受けて「そんな感じのモノ」ばかりになったノで、こういう対策がとられていると言うことだろうと思う。


 まぁ、色々考えることです。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック