日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 東川篤哉「私の嫌いな探偵」

<<   作成日時 : 2018/06/14 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は読み終えた本について。


 東川篤哉の烏賊川市シリーズ第7弾。


 この作品は私が烏賊川市シリーズを知る切っ掛けにもなった作品だ。というのも、烏賊川市シリーズはご存知のように2013年に実写ドラマ化されており、その際のタイトルが本作からとられて「私の嫌いな探偵」となったいたという事だ。


 なので、この作品集からドラマになったものも多く今回読んで「なるほど原作は「こう」なのか」と感心しつつ読めた。


 しかも、著者の連作短編とはいえ、ステレオタイプな作品ではなく、変則的な作品が多かったので、その面でも烏賊川市シリーズらしさが戻ってきていた。


 それとドラマ化したい内容の作品が多く含まれているとも感じた。ドラマの脚本は福田雄一画家いているので、当然コメディっとして仕上がっているから、それに耐えられる原作が求められ白羽の矢が立ったと解釈している。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東川篤哉「私の嫌いな探偵」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる