日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS サンタナ「サンタナV」

<<   作成日時 : 2017/08/21 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も7月に買って聴いたCDについて。


 今回はサンタナの3rd。


 ニール・ショーンが加入した影響がどうでているかがポイント。ある意味「ジャム色の強いブルースロックをラテンのリズムでどうぞ(当然ドラッギー感マックス)」だったサンタナがポップでキャッチーな色を見せて音楽的にまとまり始めサイケ色を後退させた2nd、そこからニール・ショーンが加わり、ノイジーなハードロックギターも聞けるようになった。


 ということで、このアルバムはラテンとロックのフュージョン・・・・・・、という生易しいものではなく、バトル物だ。


 ガンガンのりの良いロックが印象深いが、基本的にラテンノリ。でも、当時彼らが呼ばれていた「ラテンロック」のイメージには一番にあったサウンドかも。


 ポップでキャッチーよりも「ラテンのリズムに血湧き肉躍りながら、展開されるロックミュージックを楽しめる」といった趣。


 ちょっと後のメディテーショナルな方向も見え隠れしているのはご愛敬だな。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンタナ「サンタナV」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる